このページの本文へ移動
メニュー

よく分かる
がんゲノム医療とC-CAT

がんゲノム医療とC-CAT

C-CATに登録されるデータに関して

がん遺伝子パネル検査の結果得られる情報をC-CATに登録することは、
医療の質を高めることにつながります

検査の結果得られる配列情報と診療情報をC-CATに登録していただくことにより、C-CAT調査結果を作成して各病院へ返却することができます。C-CAT調査結果には、がん遺伝子パネル検査の種類によらない検査結果の解釈・臨床的意義付け、国内での臨床試験情報や薬剤の情報などが記載されています。
がん遺伝子パネル検査の結果をさまざまな専門家が医学的に解釈し、治療法を検討する場であるエキスパートパネルでは、検査会社の発行する検査報告書に加えて、C-CAT調査結果が参照されることにより、国内での最新の状況を加味した総合的な判断に役立てられます。このように、集約された情報を臨床の現場で利用できるような仕組みづくりをすることで、担当医が患者さん一人ひとりに最適な治療法を選択する個別化治療を広めることができるようになります。
また、C-CATに集まったデータの一部は、専門の審査会の審査を経た上で、大学・企業などの研究機関に提供され、新しい治療薬などの研究開発のために用いられる予定です。患者さんがC-CATへのデータ登録と研究機関への提供へ同意いただくことで、新たな医学的知見や新しい治療薬を生み出せます。将来の患者さんのため、医療の質を高めることに役立てられるのです。

医師は、遺伝子の変化の情報を知ることで、その患者さんに効果的な薬剤や、
参加できそうな臨床試験を探すことができます

C-CATでは、登録された患者さん一人ひとりのデータに基づいて、ゲノム解析結果の解釈・臨床的意義付け情報や、国内の最新の臨床試験や薬剤の情報を掲載したC-CAT調査結果を作成し、各病院へ返却しています。中核拠点病院または拠点病院で開催されるさまざまな分野の専門家が集まるエキスパートパネルでは、検査報告書とC-CAT調査結果を参照しながら、適切な薬剤などが検討されます。担当医はエキスパートパネルの意見をもとに患者さんに説明します。
医師は、患者さんのデータに基づいて薬剤や臨床試験を調べることができます。例えば、患者さんのがんの遺伝情報を知ることで、その患者さんに合わない薬剤や効きやすい薬剤を探すことができたり、参加できそうな臨床試験を探したりすることができます。エキスパートパネルでは、患者さんのゲノムデータとこれまでに蓄積されている研究成果などを合わせて検討し、これによって担当医は患者さん一人ひとりに適した治療法を選択することができます。

C-CATは、患者さんの
「がん」の診療を支援します。

C-CATは、検査データや診療情報に基づいて、
治療に役立つ情報を
「C-CAT調査結果」として
エキスパートパネルに送り、
患者さんのがんの治療を支援します。

患者さんは、自身のゲノム解析データと診療データが
C-CATに登録されることを拒否することができます

がん遺伝子パネル検査を受ける患者さんは、自身のゲノム解析データと診療データがC-CATに登録されることを拒否することができます。検査の際に、C-CATへのデータ登録について、考えをうかがいます。もし、自身のゲノムデータをC-CATに登録したくない場合は、がん遺伝子パネル検査の説明を聞いてから、担当医などにお伝えいただき同意書にその旨ご記入ください。また患者さんは、自身のデータを大学・企業などの研究機関へ提供することだけを拒否することもできますので、同意書にその旨ご記入ください。
C-CATへのデータ登録に同意しなくても、保険診療でがん遺伝子パネル検査を受けることができます。その場合には、担当医が患者さんの治療を決定する際に、C-CATからの情報を利用することができません。
自身のデータのC-CATへの登録と大学・企業などの研究機関へのデータ提供について、考えが変わった場合には意思変更の申出を受け付けます。ただし、データ提供の意思変更があった場合でも、既に利用されているデータの削除はできないことを予めご了承ください。

患者さんは自身のデータがC-CATに登録されることを拒否できます
拒否した場合でも、がん遺伝子パネル検査を受けることができますが、
C-CATからの診療支援情報を受け取ることができません。
自身のデータを大学・企業などへ二次利用のために
提供することだけを拒否することもできます

ページの先頭に戻る