このページの本文へ移動
メニュー

C-CATの取り組み

患者さんのがん治療支援

  1. 患者さん

    がん遺伝子パネル検査を
    受けたいときは

    がん遺伝子パネル検査は、厚生労働省から指定を受けたがんゲノム医療中核拠点病院・拠点病院・連携病院で受けることができます。これらの病院は全国から探すことができます。

  2. がんゲノム医療中核拠点病院など

    がん遺伝子パネル検査の実施

    厚生労働省に指定された病院において、医師ががん遺伝子パネル検査を必要と判断した場合、患者さんにがん遺伝子パネル検査について説明します。検査の実施について患者さんが同意すると、がん組織や血液を用いてがん遺伝子パネル検査が行われます。

  3. 診療情報

    直接個人を
    特定できないよう
    データを処理
  4. 腫瘍組織・血液・診察情報

    直接個人を特定できない
    よう
    データを処理
  5. 検査会社

    検体の解析・検査データ生成

    病院から検査会社に送られた患者さんのがん組織や血液から、DNAが取り出され、次世代シークエンサーという解析装置を用いて、多数のがんに関する遺伝子が調べられます。検査結果は、患者さんが検査を受けた病院に送付されます。

  6. 検査データ

  7. がんゲノム情報管理センター(C-CAT)

    日本のがん診療データベースに
    患者さんのデータを登録

    がん遺伝子パネル検査を受けた患者さんのうち、がん診療データベースにデータを登録することに同意した患者さんの検査結果や診療情報のデータについては、個人を特定できない形で病院と検査会社からC-CATに送付され、がん診療データベースに登録されます。

  8. C-CAT調査結果

    医学文献・薬剤・治験・臨床試験の情報の追加
  9. がんゲノム医療
    中核拠点病院
    がんゲノム医療
    拠点病院

    エキスパートパネルで
    検査結果の検討

    がん遺伝子パネル検査の結果得られる情報は、今までの医療で実施されていた検査よりもより複雑なものになっています。エキスパートパネルでは、そのような複雑な情報をゲノム医療の専門家や薬物療法の専門家が担当医を交えて議論し、どのように検査結果を患者さんにお伝えするかを検討します。

  10. がんゲノム医療中核拠点病院など

    検査結果の説明・治療方針の提案

    担当医から、がん遺伝子パネル検査の結果と、エキスパートパネルでの検討結果を参考にした治療方針を説明します。がん遺伝子パネル検査の結果、新たな治療がみつからない場合もありますが、担当医が中心となって最善の治療を受けられるように提案します。

ゲノム情報に基づく治療や
臨床試験

今までの治療薬の多くは、どの臓器にできたがんなのかによって薬剤が検討されていました。近年、がんで起きているゲノム情報の変化に基づく薬剤の開発が進み、そのような薬剤の効果を検証するための治験や試験が行われています。細かな条件と照らし合わせ対象になる場合は担当医がご紹介します。

遺伝性腫瘍の結果開示希望ありの場合

遺伝性腫瘍に関する結果の開示・
遺伝カウンセリング

がん遺伝子パネル検査では、遺伝性腫瘍の診断がつくものと、遺伝性腫瘍の可能性が分かるものがあります。遺伝性腫瘍ということは、生まれつきがんを発症しやすい体質を持っているということで、ご本人だけでなくご家族にも関わる可能性があります。遺伝性腫瘍について知りたいか知りたくないかは、ご本人の意思で決めることができます。さらに、遺伝性腫瘍がどういうものなのか、ご自身やご家族にどのような関係があるか、遺伝カウンセリングでご説明することもできます。

ゲノム情報に基づく
医療の発展・向上

  1. がんゲノム情報管理センター(C-CAT)

    データの管理

    C-CATへのデータ提供に同意した全国の患者さんのがん遺伝子パネル検査の結果や診療情報は、厳重なセキュリティのもとで管理します。

  2. 情報利活用審査会

    他の機関への提供を厳正に審査

    C-CATに集められたデータの利用を希望する機関があった場合、C-CAT内に設けられた「情報利活用審査会」で、提供するかどうかを厳正に審査します。「情報利活用審査会」では、情報セキュリティの観点や、将来のがん医療への貢献という観点から審査が行われます。

    他機関への提供に同意した患者さんのデータのみが対象です。

  3. 他機関への提供に同意した
    患者さんのデータ

    個人を特定できないよう
    匿名化済み
  4. 製薬会社
    研究機関

    企業・研究機関での活用

    国内外の医療に関わる企業や研究機関で、C-CATに集められたデータの一部を活用して、新しい薬剤や治療法の研究開発が行われます。

  5. がん医療の未来へつなぐ

    C-CATでは、全国のがんゲノム医療のデータを安全により広く役立てられるよう取り組みを進めています。
    全国のがんゲノム医療を受けた患者さんのデータが、日本のがんゲノム医療の質の確保・向上のための基盤になり、新しいがん医療の未来につながります。

ページの先頭に戻る